図6.jpg

Department of Architecture,  Graduate School of Engineering, The University of Tokyo

Publication

Journal / Conference Paper

Journal Paper

  • 山本慎, 宮田翔平, 赤司泰義, 澤地孝男, 自動制御ロジック・パラメータを考慮した空調システムのVAV・VWV・CO2濃度制御の省エネ効果に関する研究 第2報-詳細制御パラメータのケーススタディ, 空気調和・衛生工学会論文集,Vol.47 No.301,pp.17–26, 2022年4月

  • Yuan Gao, Shohei Miyata, Yasunori Akashi, Multi-step solar irradiation prediction based on weather forecast and generative deep learning model, Renewable Energy, Vol.188, pp.637-650, 2022.

  • Jongyeon Lim, Wonjun Choi, Yasunori Akashi, Naoki Yoshimoto, Ryozo Ooka, Bayesian prediction model of thermally satisfied occupants considering stochasticity due to inter-and intra-individual thermal sensation variations, Journal of Building Engineering, Vol.55, 2022.

  • Wei-An Chen, Jongyeon Lim, Shohei Miyata, Yasunori Akashi, Methodology of evaluating the sewage heat utilization potential by modelling the urban sewage state prediction model, Sustainable Cities and Society, Vol.80, 2022.

  • 古川理佳子, 宮田翔平, 赤司泰義, 木虎久隆, 太陽熱利用システムを有する地域冷暖房プラントの双方向熱融通に関する研究, 空気調和・衛生工学会論文集,Vol.46, No.296,pp.1–9,2021年11月

  • 山本慎, 宮田翔平, 赤司泰義, 澤地孝男, 百田真史, 自動制御ロジック・パラメータを考慮した空調システムのVAV・VWV・CO2濃度制御の省エネ効果に関する研究 第1報-シミュレーションの構築とVAV・VWV制御の省エネ効果の検討, 空気調和・衛生工学会論文集,No.293,pp.23–32, 2021年8月

  • 大音裕紀, 赤司泰義, 林鍾衍, 宮田翔平, ビルオーナーとテナントの意思決定を考慮した建築物省エネ施策の効果予測, 日本建築学会環境系論文集, Vol.86 No.785, pp.719-728, 2021年7月

  • Jieun Lee, Yasunori Akashi, Hiroto Takaguchi, Daisuke Sumiyoshi, Jongyeon Lim, Takahiro Ueno, Kento Maruyama, Yoshiki Baba, Forecasting model of activities of the city-level for management of CO2 emissions applicable to various cities. Journal of Environmental Management, Vol. 286, 2021.

  • 張煒傑, 宮田翔平, 赤司泰義, デマンドレスポンス制御による電力デマンドと室温温熱環境の挙動―自動制御を組み込んだ空調・建物の統合システムシミュレーションによる算出と評価―, 空気調和・衛生工学会論文集,No.286,pp.21–28,2021年1月

  • 本村 彬, 赤司泰義, 宮田翔平, 林 鍾衍, 田中勝彦, 桑原康浩, 熱源システムの不具合検知・診断に用いる畳み込みニューラルネットワーク教師データの検討, 空気調和・衛生工学会論文集,No.284,pp.11–19,2020年11月

  • 宮田翔平, 桑原康浩, 林鍾衍, 赤司泰義, 吉本尚起, 動的 CO2 排出係数に基づいたモデル予測制御による熱源機器の低炭素制御. 日本建築学会環境系論文集, Vol.85 No.777, pp.827-835, 2020.

  • 尾島慧亮, 林鍾衍, 赤司泰義, 陳嘉威, 吉本尚起, 宮田翔平, 執務空間におけるエネルギー消費に関わる行動変容のモデル化手法 情報提供による大学院生の OA 機器電源操作の変化, 日本建築学会環境系論文集, vol.85 No.775, pp.695-704, 2020年.

  • Shohei MIYATA, Jongyeon LIM, Yasunori AKASHI, Yasuhiro KUWAHARA, Katsuhiko TANAKA, Fault detection and diagnosis for heat source system using convolutional neural network with imaged faulty behavior data, Science and Technology for the Built Environment, pp.1–9, 2019.09

  • 矢島和樹, 福井雅英, 赤司泰義, 林鍾衍, BIM を活用した熱源システムの設計・施工プロセスの最適化 吸収式冷凍機の冷却水系統まわりへの設計プロセスの最適化の適用, 空気調和・衛生工学会論文集, Vol.44 No.264, pp.23-33, 2019年3月.

  • Shohei Miyata, Jongyeon LIM, Yasunori AKASHI, Yasuhiro KUWAHARA, Optimal set-point regulation in HVAC system for controllability and energy efficiency, Advances in Building Energy Research, pp.1–11, 2019.02

  • 宮田翔平, 赤司泰義, 林鐘衍, 本村彬, 田中勝彦, 田中覚, 桑原康浩, 機械学習を用いた空調熱源システムの不具合検知・診断 第2報—診断性能向上のための不具合データの前処理とBEMSデータへの適用, 空気調和・衛生工学会論文集, No.261, pp.1–9, 2018年12月.

  • 伊藤清, 赤司泰義, 林鍾衍, 三浦靖弘, 川村聡宏, 天井放射パネル空調性能予測手法の提案, 日本建築学会環境系論文集, Vol.83 No.751, pp.737-747, 2018年9月

  • Jongyeon Lim, Yasunori Akashi, Doosam Song, Hyokeun Hwang, Yasuhiro Kuwahara, Shinji Yamamura, Naoki Yoshimoto, Kazuo Itahashi, Hierarchical Bayesian modeling for predicting ordinal responses of personalized thermal sensation: Application to outdoor thermal sensation data. Building and Environment, Vol.142, pp.414-426, 2018.

  • 宮田翔平, 赤司泰義, 林鐘衍, 呉楊駿, 田中勝彦, 田中覚, 桑原康浩, 機械学習を用いた空調熱源システムの不具合検知・診断 第1報—シミュレーションによる不具合データベース作成と畳み込みニューラルネットワークによる不具合検知・診断, 空気調和・衛生工学会論文集, No.257, pp.11–20, 2018年8月.

  • 矢島和樹, 赤司泰義, 桑原康浩, 福井雅英, 熱源・空調システムの最適制御技術の導入に向けた研究 第2報 −冷却塔ファン周波数の設定値最適化と実測による効果検証, 空気調和・衛生工学会論文集, Vol.43 No.254, pp.33-42, 2018年5月

  • 矢島和樹, 赤司泰義, 桑原康浩, 福井雅英, 熱源・空調システムの最適制御技術の導入に向けた研究 第1報 −冷却水温度の設定値最適化と実測による効果検証, 空気調和・衛生工学会論文集, Vol.42 No.248, pp.11-1, 2017年11月.

  • Jongyeon Lim, Yasunori Akashi, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Youngjin Choi, A probabilistic approach to the energy-saving potential of natural ventilation: Effect of approximation method for approaching wind velocity. Building and Environment, Vol.122, pp.94-104, 2017.

  • 小﨑美希, 林鍾衍, 赤司泰義, 平手小太郎, 商業地区のストリートの快適性に関する研究 心理量と物理量を考慮した評価手法の提案, 日本建築学会環境系論文集, Vol.82 No.738, pp.705-714, 2017年8月.

  • 岡本泰英, 赤司泰義, 迫田一昭, 柳原隆司, 野城智也, 総合大学における実効あるエネルギー管理システムに関する研究: 運用実態調査に基づいた個別分散空調機の設計・運用管理の合理化検討, 空気調和・衛生工学会論文集, Vol.40 No.224, pp.63-69, 2015年11月

International Conference

  • Shohei MIYATA, Yasunori AKASHI, Jongyeon LIM, Yasuhiro KUWAHARA, Katsuhiko TANAKA, Model-based Fault Detection and Diagnosis for HVAC Systems Using Convolutional Neural Network, 16th IBPSA International Conference Building Simulation – BS 2019, Rome Italy, 2019.08

  • Akira MOTOMURA, Shohei MIYATA, Saki Adachi, Yasunori AKASHI, Jongyeon LIM, Katsuhiko TANAKA, Yasuhiro KUWAHARA, Fault evaluation process in HVAC system for decision making of how to respond to system faults, pp.560–567, Sustainable Built Environment Conference 2019 – SBE19 TOKYO, Tokyo Japan, 2019.08

  • Shohei MIYATA, Yasunori AKASHI, Jongyeon LIM, Yasuhiro KUWAHARA, Fault detection in HVAC systems using a distribution considering uncertainties, REHVA 13th HVAC World Congress – CLIMA 2019, Bucharest Romania, 2019.05

  • Shohei MIYATA, Yasuhiro KUWAHARA, Yasunori AKASHI, Jongyeon LIM, Weijie ZHANG, Naoki YOSHIMOTO, Model Predictive Control of Chillers with Heat Storage Tanks as a Carbon Activated Demand Response, The 2nd International Conference of IASUR, VII–3, Xi’an China, 2019.03

  • Shohei MIYATA, Yasunori AKASHI, Jongyeon LIM, Katsuhiko TANAKA, Satoru TANAKA, Yasuhiro KUWAHARA, Model-Based Fault Detection and Diagnosis Using Convolutional Neural Networks in Heat Source System with Water Thermal Storage Tanks, the 4th Asia Conference of IBPSA – ASim 2018, ID 523, Hong Kong, 2018.12

  • Shufen ZHANG, Yasunori AKASHI, Jongyeon LIM, Shohei MIYATA, Missing Data Estimation Using BPNN Tuned by GA: Application to BEMS Data with Missing Values, the 4th Asia Conference of IBPSA – ASim 2018, ID 420, Hong Kong, 2018.12

  • Akira MOTOMURA, Shohei MIYATA, Yosunori AKASHI, Jongyeon LIM, Katsuhiko TANAKA, Satoru TANAKA, Yasuhiro KUWAHARA, Model-Based Analysis and Evaluation of Sensor Faults in Heat Source System, the 4th Asia Conference of IBPSA – ASim 2018, ID 432, Hong Kong, 2018.12

  • Shohei MIYATA, Yasunori AKASHI, Jongyeon LIM, Yasuhiro KUWAHARA, Energy Conservation by Optimization of Set Values in Heat Source Systems Considering Controllability, The 4th International Conference on Building Energy and Environment – COBEE 2018, ID 128, Melbourne Australia, 2018.02

  • Shohei MIYATA, Yasunori AKASHI, Jongyeon LIM, Yasuhiro KUWAHARA, Probabilistic Distribution of System Performance Output from BEMS by Heat Source System Simulation Incorporating Error Consideration, the 3rd Asia Conference of IBPSA – Asim 2016, ID 279, Jeju Korea, 2016.11

Domestic Conference

  • 古川理佳子, 赤司泰義, 宮田翔平, 木虎久隆, 堂山俊貴, 需要家建物への太陽熱利用システム導入による地域冷暖房システムの省エネルギー効果の検討, 空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第2巻,pp.93–96,2020年9月

  • 増田朱音, 堂山俊貴, 古川理佳子, 赤司泰義, 宮田翔平, 需給連携制御を想定した地域冷暖房システムの省エネルギー量の試算と需要家へのヒアリング調査, 空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第2巻,pp.113–116,2020年9月

  • 山本慎, 赤司泰義, 宮田翔平, 張煒傑, 赤嶺嘉彦, 澤地孝男, ビル空調・熱源システムの変風量・変流量制御による省エネ効果の評価方法に関する研究 第6報 構築したシミュレーションプログラムの妥当性の検証, 空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第3巻,pp.121–124,2020年9月

  • 本村 彬, 赤司泰義, 宮田翔平, 林 鍾衍, 田中勝彦, 桑原康浩, 熱源システムの不具合検知・診断に用いる畳み込みニューラルネットワーク教師データの検討, 空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第8巻,pp.73–76,2020年9月

  • 宮田翔平, 桑原康浩, 赤司泰義, 田中勝彦, 畳み込みニューラルネットワークを用いた熱源システムの自動不具合検知・診断の実装と学習済みネットワークの類似システムへの適用検討, 空気調和・衛生工学会学術講演論文集, 第8巻, pp.77–80, 2020年9月

  • 張煒傑, 宮田翔平, 赤司泰義, 動的空調システムシミュレーションを用いたデマンドレスポンス制御による電力デマンドと室温の変化, 空気調和・衛生工学会学術講演論文集, 第9巻, pp.93–96, 2020年9月

  • 陳嘉威, 尾島慧亮, 赤司泰義, 宮田翔平, 吉本尚起, 情報提供による在室者の暖房期における室内環境調整行為の変容, 空気調和・衛生工学会学術講演論文集, 第9巻, pp.129–132, 2020年9月

  • 施雪琦, 赤司泰義, 宮田翔平, 桑原康浩, 国内一般送配電事業者における動的CO2排出係数の推定, 空気調和・衛生工学会学術講演論文集, 第10巻, pp.449–452, 2020年9月

  • 宮田翔平,桑原康浩,赤司泰義,林鍾衍,吉本尚起,動的二酸化炭素排出係数を考慮した熱源システムの低炭素制御,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第9巻,pp.97–100,2019年9月

  • 安達沙樹,宮田翔平,林鍾衍,赤司泰義,本村彬,田中勝彦,大神寛人,桑原康浩,熱源システムにおける保全計画のための不具合重要度評価,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第2巻,pp.185–188,2019年9月

  • 百田真史,射場本忠彦,赤司泰義,羽原宏美,澤地孝男,赤嶺嘉彦,林鍾衍,宮田翔平,米倉賢志郎,ビル空調・熱源システムの変風量・変流量制御による省エネ効果の評価方法に関する研究 第1報 研究の全体概要と変流量制御に関する実験的検討について,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第3巻,pp.157–160,2019年9月

  • 本村彬,赤司泰義,林鍾衍,張煒傑,宮田翔平,澤地孝男,赤嶺嘉彦,ビル空調・熱源システムの変風量・変流量制御による省エネ効果の評価方法に関する研究 第3報 シミュレーションモデルの構築と動作確認,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第3巻,pp.165–168,2019年9月

  • 張煒傑,赤司泰義,林鍾衍,本村彬,宮田翔平,澤地孝男,赤嶺嘉彦,ビル空調・熱源システムの変風量・変流量制御による省エネ効果の評価方法に関する研究 第4報 シミュレーションによる制御比較,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第3巻,pp.169–172,2019年9月

  • 本村彬,赤司泰義,林鍾衍,宮田翔平,田中勝彦,桑原康浩,シミュレーションを用いた熱源システムのセンサ不具合の影響度評価,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1043–1044,2019年9月

  • 安達沙樹,赤司泰義,林鍾衍,宮田翔平,張淑芬,本村彬,田中勝彦,田中覚,桑原康浩,建築熱源システムを対象としたデータ駆動型不具合検知・診断(第1報)BEMSデータを用いた性能評価と不具合分析,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第8巻,pp.1–4,2018年9月

  • 張淑芬,赤司泰義,林鍾衍,宮田翔平,安達沙樹,本村彬,田中勝彦,田中覚,桑原康浩,建築熱源システムを対象としたデータ駆動型不具合検知・診断(第2報)データクレンジングとしてのBEMSデータにおける欠損値補間,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第8巻,pp.5–8,2018年9月

  • 本村彬,赤司泰義,林鍾衍,宮田翔平,安達沙樹,張淑芬,田中勝彦,田中覚,桑原康浩,建築熱源システムを対象としたデータ駆動型不具合検知・診断(第3報)熱源システムシミュレーションを用いた不具合の教師データベースの作成と分析,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第8巻,pp.9–12,2018年9月

  • 宮田翔平,赤司泰義,林鍾衍,本村彬,安達沙樹,張淑芬,田中勝彦,田中覚,桑原康浩,建築熱源システムを対象としたデータ駆動型不具合検知・診断(第4報)畳み込みニューラルネットワークによる不具合の程度と複数不具合の診断,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,第8巻,pp.13–16,2018年9月

  • 宮田翔平,呉楊駿,桑原康浩,林鍾衍,赤司泰義,深層学習を用いた熱源システムの不具合検知・診断に関する研究(第1報)熱源システムシミュレーションによるデータベースの作成,空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,第8巻,pp.337–340,2017年9月

  • 呉楊駿,宮田翔平,桑原康浩,林鍾衍,赤司泰義,深層学習を用いた熱源システムの不具合検知・診断に関する研究(第2報)深層学習の有効性の検討,空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,第8巻,pp.341–344,2017年9月

  • 宮田翔平,赤司泰義,林鍾衍,熱源システム性能向上のためのシミュレーションを用いた制御設定調整手法の開発,第51回空気調和・冷凍連合講演会講演論文集,pp.119–122,2017年4月

  • 宮田翔平,赤司泰義,林鍾衍,桑原康浩,熱源システムシミュレーションを用いた蓄熱システムにおける直送系冷凍機制御手法の検討,空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,第2巻,pp237–240,2016年9月

  • Shohei MIYATA, Yasunori AKASHI, Jongyeon LIM, Yasuhiro KUWAHARA, Control methods for Secondary Pumps by System Simulation, Techinical Papers of Annual Meeting the Society of Heating,Air-conditioning and Sanitary Engineers of Japan, Vol.9, pp.1–4, 2016.09

  • 宮田翔平,赤司泰義,桑原康浩,林鍾衍,熱源システムのシミュレーション構築と運用改善効果の検討,2015年度日本建築学会関東支部研究報告集Ⅱ,第2巻,pp.81–84,2016年3月

  • 宮田翔平,赤司泰義,桑原康浩,花崎広隆,BEMSデータ解析に基づく熱源システムの性能把握,空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,第8巻,pp.193–196,2015年9月

Commentaries and Reviews in Academic or Commercial Journals

  • 宮田 翔平, 赤司 泰義, スマートビル実現にBEMSが抱える課題と今後の期待 (特集 エネルギー分野におけるデジタル技術活用(2)需要サイド), エネルギー・資源, 43(1), p.55-59, 2022.1.

  • 赤司泰義, 知ってほしい空気調和設備の要点 (特集 建築設備の基本知識から協働する設計手法を探る)--(建築設備の要点). 建築技術, Vol.832, pp.68-73, 2019.

  • 宮田翔平,赤司泰義,林鍾衍,本村彬,熱源システムの不具合検知・診断とシミュレーション・深層学習の応用,クリーンテクノロジー,Vol.28,No.9,pp.13–16,2018年9月

  • 赤司泰義, 天井放射冷房の課題と展望 (特集 放射空調), IBEC: 建築環境・省エネルギー情報, Vol.39 No.3, pp.2-4, 2018.

  • 赤司泰義, 建築の省エネルギー: 今後の期待と課題 (特集 建築物省エネ法の現状と今後の展望), BE 建築設備, Vol.67 No.10, pp.46-52, 2016.

© 2013-2021 Akashi Laboratory

University of Tokyo

Department of Architecture